あご ニキビ

乾燥による顎ニキビに潤いとニキビ有効成分が集中浸透

顔の中でも特に皮膚が薄い顎は、ちょっとした乾燥でもダメージを受けやすい場所です。そして、乾燥したお肌はハリや柔軟性がなくなるので、毛穴が硬くなってニキビの原因に。

 

ホルモンバランスの乱れやすくなる生理前ともなると、黄体ホルモンの影響でお肌のバリア機能まで低下してしまいます。そのため、よりニキビができやすい環境になってしまうんですね。

 

皮膚が薄いのと、生理前でお肌のバリア機能が低下した女性の顎は、じつはカサカサ乾燥状態で肌内部の水分は蒸発してしまってるんです。そのため、生理前になるとニキビができやすくなるんですね。

 

このカサカサした顎に直接うるおいとニキビ有効成分をしっかり浸透させてケアするのが「ルナメアAC」のニキビケアです。

 

最近、大人の女性に増えて来ているニキビ.。若い頃にできるものとは違って、口周りやあご周辺、ひどい場合には首や胸元に出きてしまう人もいるようです。さらには、そんなニキビが繰り返し同じところにできたりと、なかなか治らないのが大人ニキビの特徴です。

 

そんなニキビが出来ている方は、よく観察すると生理周期に伴ってひどくなっているという場合も多く、ホルモンバランスが崩れてしまっていることが大きな要因になっているようです。また、生活習慣も関係していて、遅い就寝時間によるターンオーバーの乱れによってできてしまうニキビなど、これらのニキビを総じて大人ニキビと呼んでいるのです。

 

このように、女性のお肌と身体はとても敏感で、精神的なストレスなどでも揺らぎやすく、ちょっとしたことが原因で不具合を生じてしまうことも珍しくはありません。厄介なのは、これらの大人ニキビは、スキンケアを見直すだけでは改善に至らないことも多く、ホルモンバランスを整えたり、生活習慣を見直したりして、身体の中から改善することが必要なのです。

 

その為にも、女性ホルモンに似た働きをする食品を多く摂取したり、サプリメントを取りいれてみたりするのも一つの方法ですし、婦人科でピルを処方してもらうという方法もあります。

 

最近は大人ニキビに低用量ピルを処方し、過剰になってしまっている男性ホルモンを抑える治療が主流となっており、避妊効果のためというよりも肌荒れを改善させるために服用する方が増えているようです。

 

ただ、皮膚科受診するにも時間的になかなか難しかったり、ピルを服用するからと言って毎日のスキンケアが不要かというとそう言うわけではありません。大人ニキビの予防には、毎日の適切なケアは必要なのです。

あごのニキビは保湿ケアを徹底し、刺激を与えないことが大切

あごニキビに悩まされてしまうとどうしても人目が気になったりぐつが悪いものです。そのため無意識のうちに指先で触れてしまったり、爪でつぶしてしまったりする人も少なくありません。また、気になるからと常にマスクをつけている女性も多くみられます。

 

けれど、こういった行為は肌には刺激が強く、改善するどころかかえって悪化させてしまうこともあります。ひどくなったニキビは、たとえ治ったとしても今度は醜い痕となって残ってしまうことにもつながりかねません。

 

あごなど口元は、他人からの目線も多く留まる部位でもあるのでどうしても気にはなりますが、とにかく触らない、刺激を与えないということを鉄則にしましょう。

 

そして、スキンケアで注意してほしいことは、肌への刺激を最小限に抑えて、かつ十分な保湿ケアを心がけることです。そのため、洗顔から保湿までを1回でやってくれるオールインワンジェルなんかはとてもおすすめできる化粧品の一つです。

 

ただ、ニキビにはニキビのスキンケアがやっぱり好ましいんですね。

 

そういう意味では、毛穴の汚れを取り除いてくれて、ニキビに対する有効成分を直接届けてくれるルナメアACは、大人ニキビのケアに最適な化粧品でもあります。

 

最後に、優く洗顔を行った後は、清潔なタオルで水分をふき取るように気をつけてください。また、寝具などの衛生管理にも気をつけて、常に清潔なものを使うように心がけましょう。

ニキビをケアする洗顔料や化粧水など、ニキビケアに効果的とされている商品がドラッグストアなどで販売されています。しかし、たくさんあるので、自分自身のニキビに合う商品を発見するのは至難の業です。サンプル品などがあれば試供品を使用してみて自分のスキンケア用品として「肌に合っていたら買う」というようにするとベストかもしれません。母親はニキビが多くて、私も中学からニキビのことで悩まされ、二十歳を越えた現在でも、ニキビができやすいので、お手入れは意識してしています。そして、みっつになる娘もお鼻あたりの毛穴に角質がつまり始めています。涙ぐましいことに間違いなくニキビができやすい肌になりそうです。遺伝とは怖いと思いました。ニキビを防ぐのには、様々な方法があります。中でも最も有名なのは、洗顔だと思います。顔は水だけで洗わずに、洗顔フォームを正しく使うと、よりニキビ予防につながります。洗顔したら、化粧水を利用することで、更なるニキビ予防効果を期待できます。ニキビがひどい状態の時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。初めてピーリングを行った時は、少しヒリヒリ感が残りました。それで、ちょっぴり怖くなって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そんなヒリヒリした感覚がなくなって、ニキビがキレイに改善されました。その後は、ニキビを見つけるとピーリングをするよう心がけています。私が20歳の際、背中がとても痒くなったので確かめてみると、多数の吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科で見てもらいました。診察をして、先生から、「吹き出物はニキビです。原因は偏った食べ物なんですが、脂肪分の多いものばかり食べているんじゃないですか?」と注意されてしまいました。チョコがどの食べ物よりもニキビができやすいそうです。

更新履歴